アルギニンを摂取するとヘルペスを抑制できる?それとも増殖させる?

ヘルペスを持っている人がアルギニンを摂取すると、抑制できるのでしょうか?

それともヘルペスを増殖させるのでしょうか?

これはどちらが本当なのか、アルギニンを摂取する前に知っておきたいですよね。

それでは早速、真相を検証してみましょう。

アルギニンとヘルペスの関係

ヘルペスとはヘルペスウイルスというウイルスが皮脂や粘膜に感染して、水ぶくれのようなただれができる病気のことです。

ウイルスは神経細胞の中にあるので、消えたと思っても、再発しやすいのが特徴です。

一般的にアルギニンはヘルペスウィルスの再発に影響を及ぼすと言われています。

アミノ酸の一種であるアルギニンは、ヘルペスウイルスの栄養となるので、ウイルスを活性化させて再発させてしまう、という米国の研究発表があります。

アルギニンは健康維持、美容、老化予防、生活習慣病などの病気の予防改善に欠かすことができないため、ある程度の量を食べ物などから、摂取する必要があります。

しかしヘルペスがある人の体内で、アルギニンの量が増えると、ヘルペスを発症する可能性が高くなってしまいます。

それはアルギニンはヘルペスウイルスの働きを強める効果があるからです。

アルギニンはヘルペスを増殖させるのか?

ヘルペスウイルスが発症するのは、アルギニンがウイルス増殖に必要な栄養成分であるという根拠で言われています。

実際に、ヘルペスウイルスに対して、アルギニンを濃度が薄い状態で与えると、ヘルペスウイルスが増殖した、という研究結果があります。

ヘルペスウイルスを増殖させる原因として、アルギニンが関係している事は間違いありません。

また、アルギニン以外のアミノ酸もヘルペスの栄養になります。

しかし、アルギニンを与える濃度をどんどん増やしてみると、逆に増殖はある一定の高さで増えなくなるとわかりました。

ヘルペスウイルスに対して、さらに、高濃度のアルギニンを与えると
、ヘルペスウイルスの増殖は抑制されたという結果があります。

つまり人間の体内でアルギニンの濃度が高くなれば、ヘルペスウイルスは抑制できるのですが、濃度が低くなると、逆にヘルペスウイルスが増殖してしまうのです。

この為、サプリメントなどでアルギニンを摂取して、体内の濃度を高くすることが出来れば、増殖を抑える効果が期待できるといえます。

ヘルペスに効果的な成分は「リジン」

ヘルペスウィルスを抑制する働きがあるのは「リジン」です。

当然、リジンが不足するとヘルペスウィルスが増殖する可能性が高くなります。

ヘルペスを抑制したい場合には、リジンとアルギニンのバランスが大切です。

アルギニンのサプリメントを服用していて、ヘルペスが出来てしまった場合には、体内のリジンの量が不足しているのが原因かもしれません。

ヘルペスの発症を抑制する為には、リジンとアルギニンは、4対1の分量である必要があります。

この割合が崩れてリジンの量が減るとヘルペスが発症する可能性が出てきます。

リジンは、主に牛肉・鶏肉・チーズ・牛乳類・魚類に含まれる為、通常の食生活で摂取できますが、不足分はサプリメントで補う必要があります。

肉や魚、牛乳が不足している場合には、食生活を見直すか、サプリメントで補うと良いです。

以上のことから、アルギニンもリジンも十分に摂取する必要があることになります。

どちらも免疫力を高めてくれる成分だと考えられるからです。

ヘルペスを抑制するためには、アルギニンとリジンも同時に摂取するのが良いでしょう。

ヘルペスはリジンをアルギニンより多く摂ることで予防できる

ヘルペスがある人は、単にアルギニンを取るだけでは、ヘルペスウイルスを発症させてしまうため、リジンとのバランスを考えて摂取する必要があります。

ヘルペスの症状を改善にするためには、体内のリジン量は、リジン:アルギニンの比率が4:1以上であることが望ましいです。

体内のアルギニン量よりもリジンの量が多い状態を保てれば、ヘルペスを予防できます!

一般的に、ヘルペスにかかってしまったり、かかりそうな時のリジンの推奨摂取量は1日3000mgが良いと言われています。

たとえ発症していなくてもヘルペスウィルス保持者の場合は、1日1250mg摂ることで予防につながっていると言うデータもあります。

摂取量をしっかり把握したい場合にはサプリメントの活用をおすすめします。

そしてリジンは満腹時や食事と一緒に摂取すると、大半がアルブミンと呼ばれるタンパク質の合成に使われてしまい、せっかく飲んだリジンサプリメントが無意味になります。

リジンは空腹時に摂取することが鉄則です。

リジンは天然成分のアミノ酸の為、摂取量の目安をしっかりと守って頂ければ、副作用はありません。

まとめ

アルギニンはヘルペスウイルスの働きを強めてしまいますが、リジンとのバランスを摂れば、ヘルペスウイルスを予防できることもわかりました。

ヘルペスを持つ人がアルギニンを摂取する場合は、リジンとの比率を測って摂るように心がけましょう。

関連記事

アルギニンは副作用はある?摂取する上で知っておくべき注意点

統合失調症の人はアルギニンを摂らないほうがよい理由とは?

アルギニンの副作用で頭痛になるって本当?

アルギニンで身長アップする?成長ホルモンとの関係を検証!

アルギニンが女性に与える3つの効果とは?

アルギニンは眠気を覚ますのか?それとも副作用で眠気を起こすのか?