アルギニンが不妊改善に効果的な3つの理由!

不妊に悩む方は、からだのリズムを整えることがとても大事です。

自然妊娠でも体外受精でも、まずは妊婦しやすいからだになる必要があります。

そこでおすすめなのが「アルギニン」です。

アルギニンはタンパク質の構成物質であり、生きるために必要な栄養素です。

アルギニンは不妊改善になる理由!

ではなぜアルギニンが不妊に効果的なのか、その大きな3つの理由を見ていきましょう。

アルギニンは子宮内膜を厚くする効果がある

アルギニンは一酸化窒素を合成して、血管を広げて、血流を促してくれる効果があります。

ですから、骨盤内の卵巣や子宮の血流を良くして、子宮内膜を厚くさせる効果があるのです。

その作用は全身的ですので、他の部分にも効果が期待できます。

これは妊娠の着床の助けになり、卵巣反応が悪い場合の不妊治療に役立ちます。

アルギニンは妊婦体質をつくる効果がある

不妊に悩む女性がアルギニンを摂取すると、女性の卵母細胞、胚が増えて妊娠率が上昇します。

女性の不妊は主に卵子が正常に生成されなかったり、卵子が途中で死んでしまったりと主に卵子の異常によって起こります。

これらの問題は、卵子の元となる卵母細胞の分裂に関する異常が原因だと言われています。

そこでアルギニンを摂ると、卵母細胞の正常な分裂を助けて、卵母細胞異常のリスクを減らしてくれるのです。

さらに不妊の女性は、血液悪化によるからだの冷えに悩む方が多く、妊娠体質にならない場合があります。

アルギニンを摂取すると、からだ全身の血流が良くなり、妊娠体質なからだになっていくのです。

そして妊娠高血圧症候群の予防効果まで期待できます。

不妊治療から出産までの女性にとって、アルギニンがいかに重要な栄養素であるかがわかります。

そしてアルギニンは、男性不妊の原因である精子の生成に大きな影響を持つことは以前から言われてきましたが、女性の不妊にとっても高い効果が得られることが近年分かってきました。

アルギニンの女性不妊症に対する効果は、既に世界各国で検証され、信頼できるデータも多数報告されているので、安心です。

アルギニンは男性不妊にも効果がある

アルギニンは女性不妊症だけではなく、男性不妊症にも力を発揮します。

不妊の原因は、男性にも原因がある場合が少なくありません。

実際、男性不妊症の2割の患者さんがEDだと言われています。

アルギニンを利用した不妊治療は、サプリをただ飲むだけで、血流促進して、精子の数を増やし活性化させます

アルギニンは、精子数を増やし、精子を活動的にするのに必要な生体必須成分です。

今までEDで不妊に悩む場合、1日2〜4gのアルギニンを1日2〜3回に分けて摂取すれば、精子が増えて、運動性が上がり、妊娠できたというデータもあります。

男性不妊の治療法は、今のところ確立されていませんが、アルギニンを利用した不妊治療は有効的だと言えます。

アルギニンは病院の不妊治療にも利用されている

近年の晩婚化が進み、不妊に悩むご夫婦も少なくありません。

不妊症の原因には人により、様々ですが、実際には男性も女性も同等の割合で不妊の原因になる可能性があるので、不妊治療は夫婦で取り組む必要があります。

不妊治療のほとんどはお金もかかる上に痛みや屈辱を伴うことがあります。

そしてなかなか結果が出ずに、ストレスが原因で、途中で断念する方も多いです。

しかしアルギニン摂取による不妊治療ならば、1日2〜4g前後を2〜3回に分けてサプリを摂取するだけの簡単な方法です。

基本的に、アルギニン摂取は、従来の不妊治療と並行して行います。

治療しながらのアルギニン摂取によって、卵母細胞および胚が増加し、妊娠が促進させるのが目的です。

アルギニンは病院でも、不妊治療に使われていたり、医師がサプリメントを摂るように勧めています。

不妊対策できるアルギニンの飲み方

アルギニンの効果は、女性には、妊娠に必要な細胞の増加が期待できて、男性には精子の増加が期待できるとわかりました。

妊活中の夫婦は、一緒にアルギニンを摂取すれば、自然妊娠が期待できそうです。

摂取量の目安

女性不妊、男性不妊の改善のためのアルギニンの摂取量は、1日2〜4g程度の摂取を1日2〜3回に分けて摂取することから始めます。

1〜2ヶ月程度摂取して様子を見ながら摂取量を調節します。

注意したいのは、アルギニンを10g以上を大量に摂取し続けた場合は、アルギニンの効果が弱くなったり、なくなったりするので、気をつけましょう。

アルギニンは副作用はありませんが、大量摂取は胃痛や頭痛などの不調を引き起こす場合もあります。

必ずお医者さんの指導のもと摂取するようにしてください。

まとめ

アルギニンといえば、成長ホルモンの分泌に大きく関係することで知られていますが、不妊治療を受ける男性や女性にも効果が期待できることが発表されています。

アルギニンは、妊活中、不妊に悩む夫婦にとってプラスに役立つことは間違いありません。

一緒にアルギニンを摂取すれば、自然妊娠が期待できるかもしれません。

関連記事

アルギニンは肝臓の機能を改善する効果がある?

アルギニンが筋トレ効果を倍増させる3つの力!

統合失調症の人はアルギニンを摂らないほうがよい理由とは?

アルギニンは褥瘡を予防·改善するのに効果的?

アルギニンで身長アップする?成長ホルモンとの関係を検証!

アルギニンを摂取するとヘルペスを抑制できる?それとも増殖させる?