アルギニンは副作用はある?摂取する上で知っておくべき注意点

アルギニンは多くの効果が期待できるために、老若男女に人気があります。

成人男性には男性機能の向上や筋肉増強、そして成人女性にはダイエットや妊活力を上げるといった効果です。

アルギニンサプリを毎日摂る方は、効果だけではなく、副作用についても良く知っておく必要があります。

それでは早速、アルギニンの副作用と摂取する上での注意点を詳しく見ていきましょう。

アルギニンは副作用はある?

アルギニンは天然のアミノ酸であり、私たちの体内でも日々生産されている安全性の高い成分です。

結論からいえば、アルギニンは通常の食生活をしていれば、副作用の心配はありません

一般的には食事から摂取目安量を摂るのは困難ですので、サプリメントを利用する人が少なくありません。

アルギニンは効果を実感しやすく、さらなる結果を求めるあまり、つい多めに飲んでしまい、過剰摂取となる場合があるので注意しましょう。

アルギニンを摂取する上での注意点

気をつけたいのはサプリメントによるアルギニンの過剰摂取です。

過剰摂取の副作用は人体に悪影響を及ぼします。

アルギニンの過剰摂取に気をつけよう

体重や体質によって、個人差がありますが、1日20gから30gの摂取を続けると、過剰摂取となります。

またアルギニンを単体を毎日5g以上摂取すると、下痢の症状が出ることがあります。

さらに肝機能や腎機能が低下している人が1日に40~50gと大量のアルギニンを摂取すると、生命の危険にさらされることも報告されています。

サプリメントで摂取する場合は、パッケージの用法・用量を守って適量を摂取することを心がけましょう。

アルギニンの過剰摂取による副作用とは?

アルギニンをはじめとしたアミノ酸サプリメントは、強いアルカリ性です。

血液の循環が正常な人がアルギニンを過剰摂取すると、血管の拡張しすぎて頭痛が起きることがあります。

そして胃や腸などの消化器官の粘膜が荒れて、副作用を引き起こす可能性があるのです。

肝臓や腎臓に負担がかかるので、腎機能障害や肝機能障害がある方は特に注意が必要です。

ただし、アルギニンには腎臓や肝臓の働きを改善させる効果が報告されているので、適量であればむしろ肝臓や腎臓にも良い効果があります。

適量を守ればアルギニンの良い効果が実感でき、副作用の心配はありません。

アルギニン単体は強いアルカリ性

アルギニンは単体ですと強いアルカリ性の性質を持っていて、苦味が強いです。

中和されていないアルギニンサプリをそのまま飲むと、消化器官へ大きなダメージにもなります。

刺激が強い場合には、摂取する際に、柑橘類や梅干しに含まれるクエン酸で中和させるか、牛乳など胃に保護膜を張る乳製品と一緒に摂取すると胃が荒れにくくなります。

アルギニンサプリは中和されているものが飲みやすいのでおすすめです。

アルギニン摂取を避けたほうが良い人

アルギニンは適量の摂取であれば、基本的に副作用の心配がなく、万人向けの栄養素ですが、摂取を避けた方が良い方もいます。

例えばヘルペスがある人はアルギニンが病状を活性化させる可能性があるとされ、避けたほうが良いと言われています。

そして成長期の子供は食品からアルギニンを摂取するのはおすすめですが、サプリメントから摂るのは好ましくないという意見があります。

栄養と健康に関する調査研究を行っている、日本の研究機関「国立健康・栄養研究所」によれば、サプリメントでのアルギニン摂取が安全なのは、大人の場合だと発表しています。

そして幼少期にアルギニンを過剰に摂取したことで、巨人症や関節肥大を招いたケースもわずかながら報告されています。

そして統合失調症の人もアルギニンが悪影響を及ぼすリスクがあり、避けたほうが良いでしょう。

アルギニンの摂取目安量

多くの人が効果を得られるアルギニンの摂取量は3gから5gです。

まずは5g程度から飲み始めて、体の様子を見ながら少しづつ増減させ、自身の適量を見つけていくのが良いでしょう。

アルギニンは摂取後1時間程度で血中濃度及び効果が最大となりますが、持続性は6時間程度です。

それ以降はアルギニンの効果はほとんど得られません。

よってアルギニンは1日に何回かに分けて飲むと効果的で、また胃に負担がかからないのでおすすめです。

そしてアミノ酸はアルギニンの他に、オルニチン、トリプトファン、グリシン、チロシンなどに合成作用があるので、これらを一緒に摂った方がより効果的だとされています。

アルギニンは安全性が高いサプリメントであり、適量を飲み続ければ、優れた効果を実感できるはずです。

まとめ

アルギニンサプリは多くの効果が実感できるので、ついつい飲み過ぎてしまう気持ちはわかります。

しかし副作用を起こしては本末転倒ですから、過剰摂取は厳禁です!

アルギニンの効果を最大限に引き出す為には、適量を飲み続けることが1番肝心であることを忘れないでください。

関連記事

アルギニンで身長アップする?成長ホルモンとの関係を検証!

アルギニンの副作用で下痢になるって本当?

アルギニンの心臓への効果とは? 注意点やリスクはある?

アルギニンが不妊改善に効果的な3つの理由!

アルギニンを摂取するとヘルペスを抑制できる?それとも増殖させる?

アルギニンは良好な子宮内膜を作る!その理由とは?