アルギニンが子供に与える5つの効果とは?

子を持つ親なら、誰もが子供に大きく成長してもらいたいと願うことでしょう。

最近、子供の身長を伸ばしてくれるアルギニンサプリが人気です。

ところが、実際のところ子供がアルギニンを摂取しても、直接的に身長を伸ばす効果はありません。

しかし、アルギニンには、成長期の子供に役立つ効果·効能がたくさんあり、医療の現場でもよく使われています。

今回はアルギニンが子供に与える5つの効果をお伝えします。

アルギニンが子供に与える5つの効果

  • 成長ホルモンの分泌促進効果
  • 疲労の回復効果
  • 血管の拡張効果
  • 筋肉の減少を防ぐ効果
  • 免疫力アップによる、風邪の予防効果

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

子供の成長ホルモンの分泌促進効果

アルギニンの広く知られる効果は、成長ホルモンの分泌を促すことです。

成長ホルモンはアミノ酸からできています。

そしてアミノ酸は、組織の成長を促すので、子供の骨を伸ばしたり、筋肉を強くします。

よくアルギニンを摂れば身長が伸びると言われるのは、成長ホルモンが分泌され、組織の成長を促すという関係性が成り立つからです。

もちろんアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進しますが、身長を直接伸ばす効果はありません。

また、代謝をコントロールするので、疲労回復や、脂肪の燃焼、肌や筋肉の修復や再生などの働きをします。

子供の疲労の回復効果

私たちが体内にたんぱく質を摂り込むと、最終的に腸内で分解されてアンモニアが発生します。

アンモニアは強い刺激臭を持ち、エネルギー生成を妨げる有害物質です。

そのためアンモニアは「尿素回路」に入り、身体にとって害のない尿素に変えられます。

そして尿となって、体外に排出されるのです。

疲労の原因とはこのアンモニアなのです。

疲労を回復させるには、すみやかにアンモニアを無害化しなければなりません。

アルギニンは尿素回路で働いて、アンモニアを無害化してくれます。

結果的にアルギニンは、疲労感を軽減してくれるのです。

アルギニンは医薬品として、尿素回路の異常症治療にも使われているんです。

最近は、アルギニンの疲労回復効果を狙って、エナジードリンクにもよく含まれています。

アルギニンは仕事で疲れた大人だけでなく、スポーツや勉強で疲労がたまりがちな子供たちにも役立つといえます。

子供の血管の拡張効果

健康を保つためには、血液が全身をスムーズに流れていることが大切です。

そのためにも、血液がサラサラしていて流れやすく、十分な血液量が保たれていることが大前提です。

さらに通り道である血管が、しなやかで広くてゆったりしていることも欠かせません。

実はアルギニンには、血管を拡張するという効果があるのです。

アルギニンを摂ると、体内に一酸化窒素(NO)が生成されます。

一酸化窒素には、血管を拡張させ、血流をスムーズにする働きがあります。

最近では、冷え性や低体温の子供が増えています。

冷えるとむくむだけではなく、免疫力が下がるなど、健康に悪影響を及ぼします。

アルギニンを摂取して、しっかりと血が流れるようにしてあげたいものです。

また、血液の流れがよくなると、酸素や栄養素も身体のすみずみまで届きやすくなります。

栄養をしっかり吸収することにも、役立つのです。

子供の筋肉の減少を防ぐ効果

体内のエネルギー源には、基本的に糖質が使われます。

ところが激しい運動や絶食をすることで、一時的に体内の糖質をほぼすべて使ってしまうこともあります。

すると身体は、素早くエネルギーを確保するために、脂肪や筋肉を分解して、臨時エネルギーとして使用します。

育ち盛りの子どもたちの筋肉が減少するのは避けたいところです。

そこで役に立つのが、アルギニンです。

子どもたちが運動前にアルギニンを摂っておくことで、いざというときにエネルギー源の代わりを果たしてくれます。

また、筋肉の分解を邪魔するインスリンの分泌も促進し、筋肉が使われることを防いでくれるのです。

子供の免疫力アップによる、風邪の予防効果

アルギニンには、免疫細胞を活性化させる働きがあり、ウイルスや細菌などの外敵から、身を守ってくれます。

アルギニンを摂取すると、風邪をひきにくい身体をつくってくれるのです。

風邪の予防効果というとビタミンCが有名ですが、体調管理のためにはアルギニンも摂っておくのがおすすめです。

子供がアルギニンを摂るなら食事から!

栄養と健康に関する調査研究を行っている、日本の研究機関「国立健康・栄養研究所」によれば、サプリメントでのアルギニン摂取が安全なのは、大人の話です。

子供がアルギニン配合サプリメントを利用すること自体、あまり良くないという説があります。

ですから、小学生・中学生のうちは、なるべくサプリメントに頼らずに食品から摂取するのが良いでしょう。

子供がサプリメントでアルギニンを摂れば、副作用が起こる可能性が否定できないとしていて、「推奨できない」との見解を示しています。

子供はまだ、臓器が未完成の状態ですから、大人と比べるとダメージを受けやすい傾向があるからです。

アルギニンはアミノ酸のため、肉や魚など、普通の食品に含まれていますから、お子様がいる家庭は、食卓に出すように意識すると良いです。

例えば肉なら豚ゼラチン、ゆで豚、旨みが溶け出たゆで汁をスープにして、ニンジンや玉ねぎや、じゃがいもと一緒に煮込んだポトフは自然なアミノ酸を多く摂れます。

また、魚類は、エビやマグロに豊富に含まれています。

子供は手巻き寿司で食べれば一度に大量に食べられるので、おすすめてます。

子供が好きな料理で、美味しく食べられる工夫をしてあげましょう。

まとめ

アルギニンは成長期の子供に嬉しい効果がいっぱいあることが判明しました。

アルギニンは直接的に身長を伸ばすことは出来ないけれど、確実に成長を促す効果はあります。

ですから、子供は積極的に摂るべき栄養素といえます。

そして子供がアルギニンを摂取する際のポイントは食品から摂ることです。

そのためには、親御さんがお料理を工夫して、子供にたくさんの食事を採ってもらうことが大切です。

関連記事

アルギニンは肝臓の機能を改善する効果がある?

アルギニンが筋トレ効果を倍増させる3つの力!

アルギニンを摂取するとヘルペスを抑制できる?それとも増殖させる?

アルギニンが不妊改善に効果的な3つの理由!

アルギニンは緑内障の予防に効果的?

アルギニンは眠気を覚ますのか?それとも副作用で眠気を起こすのか?