アルギニンの効果・副作用

アルギニンはサプリや精力剤などに使われ非常に注目の高い成分です。でも、アルギニンって一体どんな働きがあるのか詳しくは分からない、と思っていますよね?

アルギニンの働き・効果・副作用まで徹底的に解説していきます。

アルギニンとは?

アルギニンは準必須アミノ酸の一つです。準必須アミノ酸というと、体にとって不要なアミノ酸なのか、と勘違いするかもしれませんが、不要なアミノ酸というわけではありません。

準必須アミノ酸は、体内で生成することができるアミノ酸のことで、必須アミノ酸は体内で生成できないアミノ酸のことを言います。

必須アミノ酸 イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン、バリン、ヒスチジン
準必須アミノ酸 チロシン、システイン、アスパラギン酸、アスパラギン、セリン、グルタミン酸、グルタミン、プロリン、グリシン、アラニン、アルギニン

アルギニンは準必須アミノ酸ですが、働きは人間にとって必須ともいえる働きをしてくれるアミノ酸です。アルギニンは成長ホルモンの分泌や、体内でNO(一酸化窒素)を生産するのに使われる重要な役割があるからですよ。

NO(一酸化窒素)の生産は、血管拡張効果を生むため、体にとって良い効果がかなり期待できるんです。

アルギニンの効果

ではアルギニンにはどんな効果があるのか確認していきましょう。

  1. 筋トレへの効果
  2. 子供への効果
  3. 身長アップ効果
  4. 精液・精子への効果
  5. 不妊への効果
  6. 増大効果

アルギニンに代表される効果はこのようなものがあります。より詳しく、何でこのような効果を生むのか確認していきましょう。

筋トレへの効果

筋トレ
アルギニンの持つNO(一酸化窒素)の生産が、筋トレへも効果的だと考えられています。実は、NO(一酸化窒素)で血管が広がることで「パンプアップ促進効果」というのが期待できます。

パンプアップ促進って聞き慣れないと思いますが、血流が増えることでその部分の筋力がアップすると考えられている効果です。

また、血管拡張効果は血流が良くなるため赤血球による酸素の運搬もスムーズになり持久力アップにもつながります。トレーニング中は厳しい環境で筋力に負荷を書けますが、同時に体力(酸素)も奪うので、持久力アップは筋トレにも欠かせませんね。

子供への効果

子供
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進するため、子供への効果も期待できます。といっても、アルギニンばかりを過剰に子供に摂取させる必要はなくて、普通の食事を摂取させてあげればOKです。

子供は大人とは比べ物にならないほどの成長ホルモンを分泌しています。わざわざアルギニンに頼って、成長ホルモンの分泌を促進する必要はありません。

身長アップ効果

身長
アルギニンが成長ホルモンの分泌を促進することから、身長アップ効果を期待するかもしれませんが、大人が身長を伸ばすのほぼ不可能です。子供のころに身長が伸びるのは、成長ホルモンの分泌はもちろんですが、骨端線という部分が開いているから背が伸びるんです。

大人は骨端線が閉じてしまっているので、アルギニンでいくら成長ホルモンの分泌を促進しても成長できなんですよ。

もちろん、子供にとっては成長ホルモンの分泌は慎重アップに欠かせない要因となりますが、先ほど説明した通り不必要に摂取する必要はありません。

精液・精子への効果

精子
アルギニンは精子の原材料となるアミノ酸です。中学生や高校生のころ、尿検査で蛋白尿で再検査となると、からかわれましたよね?

「前日抜いたよね?」

と。

精子はタンパク質の一種だから、前日抜いておくと、尿に残った精子が反応して検査NGになるという理屈です。

真偽はさておき、精子がタンパク質・・・つまりアミノ酸からできているということは確かです。タンパク質はアミノ酸からできていて、特にアルギニンは精子の原材料の8割を占めるといわれていますからね。

アルギニンを摂取することで精子・精液の健康状態がよくなるのは当然です。

不妊への効果

不妊
不妊への対策として男性ができることの一つは、まず健康な精子を排出することです。すでに説明した通り、アルギニンは精子に良い影響を与えてくれますから、不妊にも効果的ですね。

さらに、血管拡張効果は勃起力の強化にもつながります。

勃起力は不妊にも効果的ですよ。不妊対策の性行為はどうしても苦痛・プレッシャーがかかり、勃起しにくくなるという男性も多くなるのが現実です。タイミング法が認知されてきてからは「今日はあの日だから」なんて理由で子作りに励むことが一般的になっていますからね。

ただ、タイミング法でもなかなかうまくいかないと、男性側にもプレッシャーがかかり息子が反応しにくくなる、ということがあります。

そんな、息子の反応の鈍さを補ってくれるのがアルギニンなんですよ。勃起は血管拡張により血液を集めることで発生する現象で、そのメカニズムの中にはNO(一酸化窒素)の生産が必ずあるんです。

アルギニンはNO(一酸化窒素)の生産を促す成分なので、良い勃起を生みますし、良い精子も生み出すため、不妊対策に持って来いのアミノ酸といえますね。

増大効果

増大効果
アルギニンは息子の増大効果にも影響する成分といわれています。その理由は成長ホルモンです。

息子の成長のためには細胞の成長が必要ですが、成長させるのに欠かせないのが成長ホルモンだからですね。増大サプリは数多くありますが、ほぼ必ずアルギニンが含まれているのは成長ホルモンの分泌促進効果のためです。

男性にうれしい効果まとめ

  1. 筋トレ促進
  2. 精子・精液・精力・勃起力アップ
  3. 息子の成長

アルギニンは男性の下半身事情を改善するのにピッタリのアミノ酸といえますね。

女性にうれしい効果まとめ

  1. 冷えの改善
  2. 肩こり改善
  3. 代謝の促進

男性への効果を中心にお伝えしてきていましたが、実は女性にも良い効果があるのがアルギニンです。アルギニンは血管を拡張し血液をスムーズにしてくれるので、血の巡りが良くなり冷え性や肩こりの改善に役立ちます。

また、成長ホルモンは代謝の促進効果もあるため、ダイエットや美容面にも効果があるんですよ。男性だけでなく、女性も飲めるのがアルギニンの良い所なので、夫婦やカップルで一緒に飲むのもOKです。

アルギニンの効果の科学的根拠

アルギニンの動脈硬化への研究成果

アルギニン・シトルリンのNO(一酸化窒素)の生産による血管拡張効果が、動脈硬化に対して優位に働く可能性が示されています。

詳細:名古屋大学医学部老年内科 林 登志雄著 論文

アルギニンの糖尿病への研究成果

II型糖尿病患者にアルギニンを投与したところ縮期血圧、拡張期血圧を低下が確認できたと発表されています。

詳細:米国国立医学図書館

アルギニンの副作用

アルギニンの効果は良いことがたくさんありましたが、一方で副作用があるんじゃないかと心配になりますよね?

  1. 頭痛
  2. 眠気
  3. 緑内障
  4. 心臓への悪影響
  5. 子供への悪影響
  6. 賢蔵への悪影響
  7. 肝臓への悪影響

もう少し詳しく確認していきましょう。

頭痛発生

頭痛
アルギニンには血管拡張効果があることから、頭痛を発生させる可能性があります。血管が広がることで、血管が神経を圧迫して痛みを発生せてしまうんです。

特に脳の血管は毛細血管と神経が入り乱れているため、痛みを伴いやすい部位です。

眠気

眠気
血管拡張することで、血液循環が良くなり体温が高くなる可能性があります。体温が温かくなると人は自然とリラックスして眠くなってしまいますね。

お風呂に入ると眠くなってしまい寝てしまったという経験もあると思いますが、同じ理由です。

緑内障

緑内障
アルギニンを飲むと緑内障を発症するということはありません。ただ、アルギニン配合サプリの中には緑内障を持つ方は、使用を控えるように、と注意書きがある場合があります。

緑内障を持つ方は、念のため医師に相談してからアルギニンサプリを飲む・控えるという判断をしましょう。

心臓への悪影響

心臓
アルギニンの血管拡張効果は心臓系の病気を持つ方は注意した方がよいかもしれません。血管拡張するということは、血液状態が良くなることで悪くないじゃないか、と思うかもしれませんが、血管が広がるということは「血圧が低くなる」ということです。

一般的に高血圧ばかりが注目され悪とされますが、低血圧も危険な状態です。低血圧症状の人がアルギニンでさらに血圧を低下させるのは避けた方がいいですね。

アルギニンサプリには心臓系の疾患を持つ方は使用を控えてくださいとも書かれているので、念のため医師に相談しましょう。

子供への悪影響

子供
子供がアルギニンを摂取すること自体は悪いことじゃありませんし、子供特有の副作用があるわけではありません。ただ、注意しなければならないのが、子供は大人よりも体が小さいということです。

大人よりも子供の方が体が小さいため、アルギニンを摂取できる量が少ないんですよ。

アルギニンを過剰摂取したからといって、すぐに何かの悪影響が出るということは少ないですが、子供にサプリなどでアルギニンを与える必要はないでしょう。

肝臓・賢蔵への悪影響

肝臓賢蔵
アルギニンはアルコールなどの解毒にも利用されます。尿素回路というこというところで、アルギニン⇒オルニチン⇒シトルリンというサイクルを経て、毒素を無害にしているんですよ。

アルギニン自体は体にとって毒を排除するという良い働きをしてくれますが、一方で過剰摂取すると肝臓・賢蔵を働かせすぎ状態、にしてしまうかもしれません。

肝臓や賢蔵も臓器の一つなので、ある程度の休息は必要です。でも、アルギニンを豊富に摂取していると、休みなく働いてしまい、その結果・・・賢蔵や肝臓に負担をかけてしまうということもあり得るんですよ。

アルギニンの摂取量

副作用の話をしたので心配になったかもしれませんが、アルギニンで副作用を起こす可能性はとても低いですし、過剰摂取しなければ問題ありません。

じゃあ、どれくらいの摂取量なら良いのでしょうか。

摂取量
筋トレ 4000mg~9000mg
精液 4000mg~9000mg
不妊 4000mg~9000mg
増大 4000mg~9000mg
子供 2000mg~9000mg

アルギニンの筋トレに必要な摂取量

もしも筋トレ時にプロテインを飲んでいるのであれば、アルギニンを特別摂取する必要はないでしょう。プロテインはタンパク質なので、タンパク質が体内で分解されアルギニンになるからです。

プロテインを飲まずにアルギニンサプリなどで補給するのであれば、上限は9000mgですが、通常の食事からもアルギニンを摂取することを考えると4000mg程度以内に抑えるとよいですね。

アルギニンの子供に必要な摂取量

子供は年齢により体の大きさが変わってくるので、絶対量を決めるの難しいですが、体の大きさに合わせてアルギニン摂取量を変えるしかありません・・・が、子供の場合は成長ホルモンを出すのにアルギニンをサプリから摂取することは不要だと思いますね。

それよりも、お肉を食べさせてあげたり、良い睡眠をとらせることが大切です。

アルギニンの精液改善に必要な摂取量

大人の精液・精子を改善したいなら9000mgを上限にしてアルギニンサプリを摂取するのが良いでしょう。サプリを飲んでいる限り、9000mgを超えるということは、まずありえないです。

サプリに書かれている摂取許容量を守り、毎日飲むことをおすすめします。

アルギニンの不妊に必要な摂取量

不妊対策でアルギニンを摂取するなら精子・精液と同様に9000mgを上限に毎日サプリで摂取するのが良いですね。毎日飲むことが大切です。

アルギニンの増大に必要な摂取量

増大に必要なアルギニンも同様ですが、アルギニンだけで増大が可能というわけではありません。増大のためにはアルギニン以外にもシトルリンやアミノ酸を同時に摂取する必要があるので、増大サプリなどの専門サプリを利用するのが良いでしょう。

アルギニンの効果を比較

アルギニンの効果や副作用、そして摂取量も分かってきましたが、アルギニンの効果が凄くても、他の成分の方が効果的なんじゃないか、って疑問もありますよね?

アルギニンが良く比較される成分3つと比較してみましょう。

アルギニンとシトルリン比較:血管拡張効果から見た比較

効果
アルギニン 血管拡張・成長ホルモン
シトルリン 血管拡張

アルギニンとシトルリンは実は似たような働きをします。アルギニン↔シトルリンの変換が体内で行われる際にNO(一酸化窒素)を生産するため、どちらも血管拡張効果があると言えますからね。

ただ、アルギニンには血管拡張効果以外にも成長ホルモンの分泌促進効果もあるのが特徴です。

アルギニンとオルニチン比較:解毒から見た効果を比較

効果
アルギニン 解毒効果
オルニチン 解毒効果

アルギニンとオルニチンも似たような働きをします。オルニチンサイクルという尿素回路で行われるサイクルはアルギニンがオルニチンに変換されるときに、尿素を無毒化しているためです。

ただ、オルニチンには成長ホルモンの分泌や血管拡張効果はありません。

アルギニンと亜鉛比較:精力アップから見た効果を比較

効果
アルギニン 精子の原材料・勃起力の回復
亜鉛 テストステロンの分泌

アルギニンは精子の原材料となることから精力アップ、血管拡張効果が生む勃起力の向上が精力アップ、といわれる由縁です。一方で、セックスミネラルといわれる亜鉛は、男性生殖機能の根源でもあるテストステロンの分泌促進効果があります。

どちらが優れているというわけではなく、どちらも重要な栄養素といえますね。

アルギニンを効率よく摂取する食品

アルギニンの効果や比較を通して、アルギニンを是非摂取したいと考えていますよね?

どんな方法でアルギニンを摂取するのが良いのか、お伝えしますね!

マカサプリ

マカはアルギニンが豊富なことで有名な南米ペルー産のパーフェクトフードと呼ばれる植物です。

アミノ酸 アルギニン、リジン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸、トリプトファン、シスチン
ミネラル ナトリウム、リン、鉄、カルシウム、カリウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガン

マカはアルギニンだけでなく、18種類のアミノ酸(全20種類)も同時に摂取できるうえに、セックスミネラル亜鉛も摂取できるので、総合的な精力アップ効果が期待できます。妊活サプリなどにも良く利用されていますね。

クラチャイダムサプリ

アルギニン摂取にお勧めしたいのが、クラチャイダムですね。

アミノ酸 アルギニン、リジン、フェニルアラニン、チロシン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、バリン、グリシン、グルタミン酸、セリン、スレオニン、アスパラギン酸
ミネラル 亜鉛、カルシウム、鉄、カリウム
ポリフェノール アントシアニン、クルクミン、ポリメトキシフラボノイド、テクトクリシン、ルチン、ゲンクワニン、レツシン、アピゲニン、アヤニン、クリシン、その他7種類のフラボノイド

クラチャイダムはマカほどアミノ酸が豊富ではありませんが、その分アルギニンがマカの2.4倍も入っています。もちろん、亜鉛も含まれているのですが、さらにうれしいのがポリフェノールです。

ポリフェノールは抗酸化作用という体を若く保つのに欠かせない成分で、血流改善効果もあります。精力にももちろん良いですが、健康面の効果や外面の若さも同時に手に入れられるので、身も心も若くなれるのがクラチャイダムですね。

DHCサプリ

DHCではアルギニンサプリは販売されていません。DHCで販売しているのは、マカサプリくらいなので、ドラッグストアやコンビニで見かけたら手にしてみてもよいかもしれませんね。

精力剤

アルギニンは精力剤に多く含まれています。

精力剤の原材料としてマカやクラチャイダムなどの植物が利用されているため、アルギニン自体を多く含んだ精力剤が登場しているんですね。

さらに、アルギニンの血管拡張効果が勃起力促進を促すため、精力剤の中でもアルギニンを最も重視して配合されたサプリが多く出ています。

とはいえ、精力剤はアルギニンだけではなく他の原材料も同時に使われているので、よく吟味して探した方がよいでしょう!

精力剤の選び方!徹底解説!

まとめ

アルギニンには主に精力アップ効果が期待できましたね。過剰摂取による副作用の危険性も0ではありませんが、それほど気にする必要はないと思うので、気軽に摂取してみるのもありだと思いますよ。